現代歌人協会は、1956年に結成された歌人の職能団体です。2020年に法人化し、「一般社団法人 現代歌人協会」となりました。

アクセス個人情報保護方針

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-35-4-502
TEL:03-3942-1287 FAX:03-3942-1289
(平日10時〜16時)

洗うのがもったいないとながめたり
裾につきたる青き花の汁

前田康子 『おかえり、いってらっしゃい』

三句「ながめたり」によって一呼吸おき下の句へと読者は導かれていく。忙しい日日の中に時間をつくり野に草花を見に行ったのだろうか。青い花を目にしたのだ。かがみ込んで花を愛で、ゆったりと過ごしたのであろう。ふと見ると裾に花の汁が付いている。少しばかりの汁ではあるが、命が宿っていると感じたのではないか。それは可憐な花をいとおしみながら触れ合った時間、心に潤いを齎した時間の豊かさを静かに思うことでもある。三句には作者のたゆたいがある。洗わなければならないと分かっていても、色が落ちれば花を目にしたことさえ幻となってしまうような気がして惜しい。体言止めの結句に余情が籠もっている。「青」に惹かれる心が窺われる。

寺島博子

What's New

会員エッセイ

(毎月更新)

トップページ現代歌人協会について声明書籍販売リンク集お問い合わせコンプライアンスアクセス

Copyright © 2021 The Kajins Association . All rights reserved.